門前薬局で患者さんが怖い薬剤師とはどんな人?

門前薬局で患者さんが怖い薬剤師は?

門前薬局で患者さんが怖い薬剤師というのはどのような人でしょうか。

門前薬局の薬剤師の仕事は、患者さんから受け取った処方せんに基づいて調剤し、きちんと服薬指導をして患者さんにお薬を渡すことです。

そのためには、まずきちんと問診をして患者さんの既往症・併用薬・アレルギー歴など把握しなければなりません。

継続してお薬を服用している患者さんには、お薬を服用していて気になることはないか、症状は改善しているのか確認しなければなりません。

最近は、薬歴を管理するうえでチェックすることが増えてきました。残薬についてもそうですね。

また、患者さんの服用しているお薬の疑問や不安も解消しなければなりません。門前薬局の薬剤師は患者さんに確認することが多いですよね。

しかしながら、薬剤師の質問や確認の仕方によっては、患者さんに不快な思いをさせて「怖い薬剤師さんだな。」と思われてしまうかもしれません。

患者さんが薬剤師を怖がってしまって、問診に答えてくれず情報を得られないのはまずいですよね。

そのためにも、門前薬局で患者さんが怖いと思ってしまう薬剤師とはどのような人なのか?どのように対処すればいいのか?を見ていきたいと思います。

門前薬局で患者さんが怖い薬剤師はしつこく質問する薬剤師かも

門前薬局での服薬指導時、患者さんの詳しい情報を知ることは大切ですが、熱心になるあまりしつこくなってしまうことがあります。

患者さんが触れてほしくないことを聞いてしまったり、血圧や血糖がコントロールできていない患者さんの気持ちを害してしまうかもしれません。

それが毎回続いていくと、患者さんから「毎回毎回、しつこく聞いてきて嫌な感じだな。あの薬剤師さんには服薬指導してほしくないな。」と思われてしまうでしょう。

そして、患者さんに「あの薬剤師さんには会いたくないな。門前薬局にいないといいな。」などと思われてしまうかもしれません。

ある意味、患者さんからすると「怖い薬剤師さん」となっていまいますね。

患者さんの情報を得ることは大切ですが、患者さんの反応を見ながら慎重に聞いていくことが必要ですね。

門前薬局で患者さんが怖い薬剤師は厳しい薬剤師かも

それから、患者さんのコンプライアンスや検査値を把握し、正しく服用し症状が改善するようにすることも大切ですね。

しかしながら、あまりに厳しく服薬指導をしてしまうと、かえって患者さんのモチベーションを下げてしまうかもしれません。

「毎回、門前薬局に行くたびに厳しく言われて嫌だな。あの薬剤師さんは怖くて会いたくないな。」と患者さんに思われてしまい、他の門前薬局に行ってしまうこともあるでしょう。

患者さんのモチベーションを下げない服薬指導をすることが大切でしょう。

例えば、糖尿病の患者さんは食事制限や運動をすれば血糖値が下がることは十分承知しているのですが、なかなか実行することができず、血糖値のコントロールもできない方が多いのです。

服薬指導時に厳しく「もっと血糖値を下げないといけません。」と言い続けてしまうと逆効果になってしまうかもしれません。

患者さんが少しでも努力していれば、その点を褒めてモチベーションが上がるような服薬指導していくとよいでしょうね。

門前薬局で患者さんが怖い薬剤師は脅かす薬剤師かも

また、門前薬局で服薬指導時に脅かす薬剤師も患者さんに怖がられるでしょう。

患者さんに正しく服薬してもらうためには時には強い言葉を発したり、お年寄りには大きな声で話すこともあるでしょう。

例えば、処方がなくなったお薬があった場合、「今日はこのお薬が処方されていませんが、飲まなくてよいのですか!?ちゃんと服用していないのですか!?」

などと強い口調で薬剤師から聞かれたら、患者さんは驚いてしまいますよね。

ただ患者さんを脅かすような言葉だったり、お年寄りだからといって耳元で大声で話すのはよくありません。

患者さんを委縮させてしまい、薬剤師が伝えたいことも患者さんの耳に届かないかもしれないからです。

患者さんの目線になって、あまり強い言葉やどなるような大声は出さないようにし、穏やかに服薬指導することも大切ですね。

いかがでしたか?

門前薬局で患者さんに怖がられる薬剤師になってしまうのは極力避けたいところです。先ほどお話ししたような努力も必要でしょう。

ただ、そのような努力をしても関係が上手くいかないときは違う門前薬局への転職を考えてもよいでしょう。

転職を考えるのであれば、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録することをお勧めします。

転職サイトの中でも、薬剤師専門の転職サイトを利用することによって、より効率よく転職活動が行えます。

普通の転職サイトでは知りえない非公開情報を入手して、薬剤師目線で転職活動を支えてくれます。転職の第一歩としては最適だと思いますよ。

転職サイトランキングを見る