門前薬局で人見知りする患者さんが苦手な薬剤師とはどんな人?

門前薬局で人見知りする患者さんが苦手な薬剤師とはどんな人?

門前薬局で人見知りする患者さんが苦手な薬剤師というのはどのような人でしょうか。

門前薬局にも人見知りする患者さんがいらっしゃることがあるでしょう。薬剤師のほうから声をかけても恥ずかしがって答えてくれなかったりと対応が難しいですよね。

しかしながら、人見知りする患者さんにもきちんと服薬指導しなければなりません。そのためには、患者さんの既往症や併用薬、アレルギー歴など詳しく聞き出す必要があるでしょう。

人見知りする患者さんが打ち解けてくれるような服薬指導をすることが大切ですね。

ところが、ひとつ対応を間違えると患者さんにとって「苦手な薬剤師さん」になってしまうかもしれません。そういう事態にならないよう人見知りする患者さんが苦手な薬剤師をみていきましょう。また、どのように対処すればいいのでしょうか。その対処法も見ていきたいと思います。

門前薬局で人見知りする患者さんが苦手な薬剤師は声が大きな薬剤師?

門前薬局で人見知りする患者さんが苦手な薬剤師は、大きな声で話す人ではないでしょうか。門前薬局には患者さんの知り合いもいるかもしれません。

そこで、大きな声で名前を呼ばれたら、人見知りする患者さんは緊張してしまうでしょう。そのうえ、大きな声で問診されたり、服薬指導されてしまうとますます周りが気になって話してくれなくなってしまうかもしれません。

皮膚科や婦人科、精神科などを受診した患者さんはなおさらです。さらに配慮することが必要ですね。

番号札がある門前薬局であれば、患者さんを番号でお呼びする、名字だけでお呼びするなどした方がよいでしょう。日頃、声の大きな薬剤師さんも意識して声のトーンを落として服薬指導することが大切ですね。

門前薬局で人見知りする患者さんが苦手な薬剤師は図々しい薬剤師?

それから、門前薬局で人見知りする患者さんが苦手な薬剤師は図々しい薬剤師ではないでしょうか。きちんと服薬指導するためには患者さんの詳しい情報が必要となります。

しかしながら、患者さんの情報を聞き出すことに一生懸命になるあまり、患者さんが聞いてほしくないことまで触れてしまい、患者さんを傷つけてしまうこともあります。そして、「図々しい薬剤師だ。」と患者さんが心を閉ざしてしまうこともあるでしょう。

そうなると本末転倒となってしまいますね。人見知りする患者さんの問診をするときは、相手の反応をみながら焦らず、じっくり聞くとよいでしょうね。初回にすべて聞けなくても、徐々に打ち解けていくうちに話してくれるかもしれません。

人見知りする患者さんの気持ちに沿った服薬指導をすることが大切ですね。

門前薬局で人見知りする患者さんが苦手な薬剤師はしつこい薬剤師?

図々しい薬剤師と似ているかもしれませんが、しつこく質問してくる薬剤師も人見知りする患者さんにとって苦手な存在かもしれません。

「今日はどうされたのですか?」「血圧はどうでしたか?。」「血糖値は下がりましたか?」「薬はきちんと服用していますか?」など、何気ない質問でも人見知りする患者さんには苦痛かもしれません。

初めて会う薬剤師だったりするとなおさらでしょう。

急性疾患の患者さんの場合は、処方せんからどのような疾患で受診したのか読み取りましょう。「今日は○○の症状でおかかりになったのですか?」と患者さんが話しやすくなるように服薬指導を進めていきましょう。

慢性疾患の患者さんには、初回は打ち解けられなくても、「次回がある。」という気持ちで接するようにするとよいかもしれません。人見知りする患者さんでも回数を重ねれば打ち解けてくれるでしょう。

服薬指導時に質問することを絞り、少しずつ患者さんの情報を得られるようにするとよいと思いますよ。

いかがでしたか?

人見知りする患者さんへの対応はなかなか大変かもしれません。それでも、門前薬局の薬剤師が根気強く、誠実な態度で接することで心を開いてくれると思いますよ。

人見知りする患者さんには「焦らず、誠実に」が大切なことですね。

ただ、そのような努力をしても人見知りする患者さんとの関係が上手くいかないときは、違う門前薬局への転職を考えてもよいでしょう。

転職を考えるのであれば、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録することをお勧めします。

転職サイトの中でも、薬剤師専門の転職サイトを利用することによって、より効率よく転職活動が行えます。

普通の転職サイトでは知りえない非公開情報を入手して、薬剤師目線で転職活動を支えてくれます。転職の第一歩としては最適だと思いますよ。

転職サイトランキングを見る