門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんとはどんな人?

門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんとはどんな人?

門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんというのはどのような人でしょうか。

案外、薬剤師には人と話すとき緊張してしまい、うまく話せないという「人見知り」のタイプの方が多いですよね。

しかしながら、門前薬局では患者さんとのコミュニケーション力が必要とされます。ですので、人見知りする薬剤師にとっては投薬口に立っただけでもドキドキしてしまいますよね。

患者さんの視線が怖かったり、患者さんの名前を呼ぶのも大きな声が出せなかったり・・・といろいろ苦労があると思います。

そんな門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんとはどのような人でしょうか。また、どのように対処すればいいのでしょうか。その対処法も見ていきたいと思います。

門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんは人見知りする患者さん?

まず、門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんは人見知りする方ではないでしょうか。

お互いに初対面の人と話すのが苦手なので、会話が弾まないかもしれません。薬剤師からの質問にも恥ずかしがって答えてくれない可能性もあります。

しかしながら、患者さんの詳しい情報を得ていないと、調剤事故や調剤過誤にもつながりかねません。

問診票をしっかり読んだ上で服薬指導を行いましょう。誠実な態度を見せれば人見知りする患者さんも心を開いてくれるかもしれませんよ。

門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんは薬剤師を軽んじる人?

次に門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんは門前薬局の薬剤師を軽んじる方でしょう。

先ほどお話しした人見知りする患者さんとは違って「門前薬局の薬剤師の話なんか聞いても仕方がない。」と思っているので、質問にもきちんと答えてくれないかもしれません。

ひどい患者さんだと問診票の記入も拒否されてしまうかもしれません。こんな人だと服薬指導をする前から気が重くなってしまいますよね。

このような患者さんに対しても既往症や併用薬など最低限のことは聞くようにしましょう。問診票の記入を嫌がる患者さんなら、服薬指導時に「ほかに服用しているお薬はないですか?」や「合わないお薬はないですか?」と聞いてみましょう。

口頭で聞くと意外と答えてくれる患者さんが多いものです。口頭で聞くのは緊張しますが、やはり調剤事故や調剤過誤を防ぐためにも聞くことが大切です。

門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんとは質問ばかりする人?

それから、門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんは質問ばかりして薬剤師の話しを聞いてくれない方ではないでしょうか。

服薬指導をする際に大抵のの薬剤師は、「このような感じで服薬指導を始めて、この順番で薬の説明をして、ここの確認は忘れずにする・・・。」などと頭の中でシュミレーションをしているのではないでしょうか。

それが、いきなり「これは何の薬?これは?これは?」と質問攻めにあってしまうと、薬剤師がシュミレーションした通りに服薬指導が進められなくなってしまいます。

ましてや人見知りする薬剤師さんの場合はパニック状態になってしまうかもしれません。困ってしまいますよね。

とはいえ、服薬指導はしっかりしないといけません。質問攻めの患者さんに負けないように、質問には答えつつ自分のペースに持っていくようにしましょう。

頃合を見計らって、急性疾患の患者さんなら、「今日は○○でおかかりになったのですね。」とこちらから質問してみるとよいと思いますよ。慢性疾患の患者さんなら、「症状はどうですか?」と聞いてみましょう。

質問好きな患者さんは、話をするのも好きなので素直に答えれくれることが多いものです。そうなれば、薬剤師のペースに持っていきやすくなると思いますよ。

それには日頃からある程度のハプニングを想定して服薬指導に臨むとよいかもしれません。

門前薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者さんとは外国人?

都市部のの門前薬局はもちろん、地方の門前薬局でも時々外国の患者さんが来局することがあります。

患者さんが日本語が上手に話せない方だったりすると大変ですよね。英語の服薬指導のマニュアル本などはありますが、英語圏の方ばかりとは限りません。

日本語に慣れていない患者さんの場合、あまり話してくれないことが多いですよね。人見知りする薬剤師にとっては難しい相手です。

しかしながら、患者さんも慣れない国で病気になり、不安な気持ちでいっぱいのはずです。そのような患者さんの気持ちをくみとって、人見知りしてしまう薬剤師さんも勇気を出さないといけません。

患者さんの不安を取り除く気持ちで、ゆっくりと服薬指導を進めるようにしましょう。患者さんに伝わりにくい事柄はかみ砕いてわかりやすい表現にしてあげるとよいでしょう。

例えば、ジェスチャーを交えたり、イラストを描いて説明することもよいかもしれません。

いかがでしたか?

門前薬局で働くことは人見知りする薬剤師さんにとっては大変なことかもしれません。しかしながら、これからの薬剤師は在宅医療などコミュニケーション力が必要とされてきます。

人見知りする薬剤師さんも患者さんと関わっていくうちに服薬指導が苦にならなくなることも多いものです。薬剤師としての自信がつくからでしょうか。

苦手な患者さんに対してきちんと服薬指導をすることもできるようになるかもしれません。

ただ、そのような努力をしても関係が上手くいかないときは違う門前薬局への転職を考えてもよいでしょう。

転職を考えるのであれば、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録することをお勧めします。

転職サイトの中でも、薬剤師専門の転職サイトを利用することによって、より効率よく転職活動が行えます。

普通の転職サイトでは知りえない非公開情報を入手して、薬剤師目線で転職活動を支えてくれます。転職の第一歩としては最適だと思いますよ。

転職サイトランキングを見る